原状回復工事でアッという間に綺麗になる|問題を即解決

作業員

ガイドラインの利用

室内

不動産における現状復帰では、貸主と借主間のトラブルなどが多く発生します。そのため、国の国土交通省が現状復帰に関するガイドラインを定めたため、利用することでトラブル回避が行なえるでしょう。

詳細を確認する

まずは相談してみよう

作業員

現状回復を行うという時は相談と一括見積もりが重要になってきます。まずはこういった作業を事前に行い業者選びをすることが重要になってくるといえるでしょう。失敗しない利用の仕方が大切になってきます。

詳細を確認する

打ち合わせが重要

男性女性

賃貸の事務所を借りていて退去するとなると物件を管理している不動産業者が手配するメンテナンス業者によって原状回復工事が行なわれます。特にこだわりがなければこの時に発生する料金を支払って退去が完了しますが、中には出来るだけ安く抑えたいから自社で業者の手配をしたいという方もいるでしょう。というのも実は不動産業者が手配するメンテナンス業者は特別安い工事費が売りの業者などではなく、大抵の場合で高い料金が請求されるというのが一般的です。しかし、会社独自で手配をすることで格安原状回復工事ができる業者を選ぶことが可能になります。これによって半額以上のコストカットができたという例も存在し、個人で手配をするのが一時ブームな時代も存在しました。原状回復を個人で手配するのは特別なことではないですが、中には賃貸物件の契約書で禁止されている場合もあります。こういう場合は大人しく不動産業者が手配する業者を利用することになります。しかし禁止されていない場合は積極的に独自で業者を利用してみるのも良いでしょう。この時に重要になってくるのが業者と管理を行う不動産業者との打ち合わせです。この打ち合わせを行うことで事前に第三者業者が原状回復を行うということを明示することができ、後々のトラブルを産む原因をなくすことも出来ます。更に打ち合わせを行うことで注意すべき工事箇所などを管理会社と照らし合わせながら計画を立てることができ、間違った工事を避けることもできるようになるでしょう。殆どの業者で打ち合わせが可能ですが、中には打ち合わせを省く業者も存在します。出来る限りこういった業者を選択しないようにすることが重要になってきます。

プロのサポート

工具類

現状復帰のために多額の費用を請求されている場合は、正当な代金か判断してくれるサポート的なサービスもあります。引っ越しする場合は両者気持よく済ませたいと考える人はプロの力を借りても良いでしょう。

詳細を確認する